極力お金をかけないケア方法

MENU

クレーター状になってしまった

クレーター

中学生ころからずっとニキビに悩まされてきました。

 

青春時代をニキビのせいで無駄にしてしまった感すらあるほどです。ニキビ跡が残り肌が汚くなってしまったことが数多くありました。

 

その中でも特にひどかったのが、大きなニキビを潰したときのことです。

 

ニキビを潰せば跡になってしまうというのはわかっていましたが、ついつい気になって触っているうちに破裂してしまったんです。

 

破裂してしまったニキビは根の深いもので、破裂した跡も大きいものだったので治りが遅く結局約1ヶ月はそのニキビのつぶれた跡のカサブタのようなものがありました。

 

その後一応ニキビは治りましたが、跡が大きく残ってしまい今までに無かったいわゆるクレーターができてしまったのがニキビ跡ケアを始めようと思ったきっかけです。


あまりお金をかけずにニキビ跡ケア

ニベア

それまで行っていたのはニキビ対策だけで、化粧水と乳液をつけるものだけでしたが、ニキビ跡対策をやろうと思ったことでちょっと変わりました。

 

自分が意識したのは、とにかく保湿とシミ対策。

 

それまで使っていた乳液はやめ、さらに保湿効果の高そうなクリームでクレーター対策をしようと考えました。

 

そして、それと同時進行でニキビ跡の色素沈着を軽減するために飲み薬を使うようになりました。

 

保湿のためのクリームとして「ニベアの青缶」を使い、栄養補給のために「チョコラBB」を飲むようにしました。

 

また化粧水はキュレルのもので、敏感肌向けのものを選んで使っていました。

 

ニキビ跡を治りやすくする保湿ケアにキュレルの化粧水

 

なぜニベアとチョコラBBなのかは、値段が手頃でどこでも手に入れることが出来たからです。

 

特にニベア青缶は芸能人などが使ってる高級クリームと成分内容がほとんど同じということで、これは良いと思いました。

 

使用方法は化粧水をしっかりしたあと、ニベア青缶をクリームを塗る感覚でつけていくだけでしたが保湿効果がかなり感じられるのに、あとから肌がテカってこないのが良かったです。


ニベアの青缶がよかった

綺麗な肌

こういったケアを続けていくうちに肌の変化を感じるようになったのは数週間目。

 

数ヶ月経つころには、何もしていない状態の肌が心なしかふわふわした感じになって、そのせいかクレーターも目立たなくなってきたように感じました。

 

飲み薬は続けて飲んでいたので色素沈着にどの程度効果があったのかは実際にはわかりませんでしたが、全体的なニキビ跡ケアのおかげか飲み薬のおかげか、色が薄くなってきている気がしたので飲み続けて良かったと思いました。

 

お金に余裕がなかった中、ここまでの効果を1年未満という短期間で実感できたことは、やはりニベア青缶のおかげだと思いました。

 

将来的にお金に余裕ができたら、もっと高価なクリームやサロンにいくなどして、本格的にニキビ跡対策を取るかもしれませんが、現在は今の状態でとても満足しています。